植物幹細胞コスメが超優秀!効果の秘密とヒト幹細胞との違いを大解剖

植物幹細胞コスメが超優秀!効果の秘密とヒト幹細胞との違いを大解剖 幹細胞コスメの基礎知識

植物幹細胞コスメはヒト幹細胞コスメよりリーズナブルなので始めやすい
✅ごわつき乾燥が気になる人には、うるおい力抜群の植物幹細胞がおすすめ
✅お手頃価格の植物幹細胞コスメはラインで揃えるのが◎!若々しい肌に導く2選を紹介

人気の植物幹細胞コスメ……なにがスゴイの?

職部幹細胞培養液の何がスゴイの

テレビや雑誌で「植物幹細胞コスメが良い」と話題になっていますが、「植物幹細胞」といっても、あまりピンと来ないですよね。

そもそも幹細胞って何なのでしょう?「どうしてエイジングケアに良いの?」と思いながら、悶々としている人も多いようです。

植物幹細胞とは、厳しい自然環境の中で生き抜くパワーのもとになる植物の細胞のこと。強い生命力を持った植物幹細胞を培養したエキスは肌を酸化から守り、保湿力をサポートする効果があると言われているのです。

植物が持つそれぞれの特長やおすすめ植物幹細胞コスメも紹介するので、「最近、肌と上手く付き合えていない」という人は幹細胞コスメを試してみませんか?

※この記事での「幹細胞コスメ」とは、幹細胞そのものではなく幹細胞培養液配合のコスメのことをいいます。

※この記事での「エイジングケア」とは、年齢に応じたお手入れのことをいいます。

そもそも幹細胞って?

幹細胞とは

あまり聞きなれない「幹細胞」ですが、実は私たちの体の中にも幹細胞があります

たとえばケガをしてもいつの間にか治っていることがありますよね。自然治癒するのは、この幹細胞のおかげです。

幹細胞というのは修理屋さんのようなもので、体の中の不具合な部分が順調に働くように助けてくれるものなのです。

この幹細胞の働きを知ると、なぜ幹細胞コスメがエイジングケアに良いといわれるのかが見えてきますよ。

人間にも植物にも存在する

ヒトや植物などの生き物は細胞からできています。人間なら血液を作るには造血幹細胞、神経を作るには神経幹細胞、といった具合に、それぞれに担当の幹細胞があります。

病気やケガなどでダメージを受けると、担当の幹細胞がダメージ部分に変身する細胞を生み出して補ってくれるんですよ。

そしてこの働きは植物でも同じです。灼熱や極寒の中でも植物が強く耐え抜けるのは、この幹細胞に傷ついた細胞を再生する力があるからだといわれています。

ライター鳥山
ライター鳥山

美容に大切なターンオーバーでも、この幹細胞によって新たな皮膚が作られているんですよ♪

細胞を再生する役割を持っている

まずはここで、私たちの肌の構造に目を向けてみましょう。

肌にはもっとも外側にある「表皮」と、表皮の奥で弾力を支えている「真皮」があります。どちらにも幹細胞があって、この幹細胞からターンオーバーのための新しい組織が再生されたり、肌のもとをつくる成分が生まれたりしているのです。

いわば、幹細胞は新たな細胞を作り出すお母さんといった存在です。

ところが紫外線などの外部ダメージが蓄積されると、お母さん細胞は十分な働きができなくなってしまいます。

するとターンオーバーが乱れたり、ハリがなくなったり、といったエイジングサインが目立つように……。幹細胞はすこやかな肌を作り、維持するには欠かせないものなのです。

ヒトや植物の幹細胞の力を利用してこのお母さんを応援してあげよう、というのが幹細胞コスメの考え方です。

植物幹細胞の化粧品はエイジングケアの強い味方!

植物幹細胞の化粧品はエイジングケアの強い味方!

植物幹細胞コスメは保湿力や還元力が高く、ヒト幹細胞コスメと比べると安価なものが多いです。

ここでは多くの人がもっとも知りたい、植物幹細胞の化粧品で期待できる効果やメリットについて解説していきます。

ヒト幹細胞コスメに次ぐエイジングケア効果

幹細胞コスメには主に「ヒト由来」「植物由来」の2種類があります。

ヒト幹細胞コスメには、ヒト由来の幹細胞培養液が配合されています。ペースダウンした幹細胞にエンジンをかける鍵のような役目を持った成分が含まれており、非常に高いエイジングケア力が期待されています。

一方の植物由来の幹細胞コスメには、ヒト幹細胞コスメのような鍵は含まれていません。しかし年齢肌のケアに欠かせないうるおい保持力や還元力にすぐれていることから、充分なエイジングケア力があるといわれているのです。

価格が控えめで続けやすい

はりきって最初だけ高額なものを使ってみても、長続きしなければ意味がありません。無理なく続けられる範囲内の価格のものを長く使っていくほうが、結果的にはお得です。

一般的に、幹細胞コスメはスキンケア化粧品のなかでも高額の部類に入ります。美容液であれば数万円のものも珍しくありません。

しかしヒト幹細胞コスメと比較すると、植物幹細胞コスメはかなりリーズナブルな傾向があります。化粧品を使ってすぐに肌の調子の変化を実感できることはまれ。とくにエイジングケアは長く使い続けていくことが大切なので、コスパが良いのは大きな魅力です。

【Pickup】植物幹細胞とヒト幹細胞の違いとは?

【Pickup】植物幹細胞とヒト幹細胞の違いとは?

両者の違いを比較してみましょう。

植物幹細胞は外部刺激から肌を守り、みずみずしいハリを与えることが期待できる一方、ヒト幹細胞は肌をもとから見直す土台ケアが得意という特徴があります。

よくエイジングケアにはヒト幹細胞、といわれますが、植物幹細胞だからこその魅力もあります。

肌が持っているチカラを目覚めさせるのはどっち?

ヒトの細胞には、本来持っているチカラを発揮するためにエンジンをかける鍵穴があります。この鍵穴に適合する鍵はヒト由来にしか含まれていません

そのため、土台からケアしていくにはヒト幹細胞培養液のほうがすぐれていると言われています。

シワが気になる人はどっちがいい?

植物幹細胞とヒト幹細胞とでは、アプローチ方法が異なります。植物幹細胞培養液は肌をうるおいで満たす力にすぐれていると言われています。

シワは乾燥が原因となっていることも多いので、植物幹細胞コスメのうるおい力でのケアがおすすめ。

ヒト幹細胞は、うるおいを保持するコラーゲンやエラスチンを作る工場に呼びかける方法でシワをケアします。

ハリやたるみにはどう違う?

肌が酸化すると「錆び」のような状態になって、ハリ不足やたるみを生じます。ここから毛穴の目立ちで悩む人も少なくありません。

植物幹細胞コスメはダメージをケアするパワーを持っていると考えられているので、ハリやたるみ、くすみ、毛穴などで悩んでいる人にもおすすめです。

これに対してヒト幹細胞コスメは、肌の内側から弾力を支える土台部分をケアします。

植物幹細胞エキスの種類と効果は?

植物幹細胞エキスの種類と効果は?

植物幹細胞エキスの原料となる植物には多くの種類があります。それぞれ特徴や得意分野が違うので、自分に合った種類を選びましょう。ここでは主なものを3つ解説します。

リンゴ果実培養細胞エキス

別名「腐らないリンゴ」と呼ばれる「ウトビラー・スパトラウバー」というリンゴの幹細胞エキスです。

長期保存するために品種改良を重ねるうち、収穫してからなんと4カ月ものあいだ腐ることなく保存できるリンゴができました。

このスイス生まれのリンゴから得た幹細胞エキスには、肌の表面を守ったり、ハリを与えたりする力があると言われています。

ライター鳥山
ライター鳥山

ワンランク上の肌をめざす「アビエルタ」や、本気でエイジングケアを考える「リッツ」はこのリンゴ果実培養細胞エキスを配合しています。

アルガニアスピノサ芽細胞エキス

高温と干ばつという厳しい環境に耐えながら育つ、モロッコの希少植物アルガンツリーの新芽の幹細胞を培養したエキスです。美容オイルとして知られるアルガンオイルも、このアルガンツリーの実から採れます。肌のキメを整え、ハリをもたらすと言われ、たるみや毛穴が目立つ肌のケアにも適しています。

ライター鳥山
ライター鳥山

一切の妥協を許さずに美を追求し続けている「エイジスト」や、医学博士監修のもとに製品開発を行っている「エトヴォス」ではこのアルガニアスピノサ芽細胞エキスを採用してるんですよ。

ロドデンドロンフェルギネウム葉培養細胞エキス

標高2,000mを越えるスイスアルプスで育つツツジ科の高山植物アルペンローゼを原料としているため、「アルペンローゼ幹細胞エキス」とも呼ばれます。

アルペンローゼは高山ならではの寒さや紫外線、乾燥などの厳しい自然のなかで耐える強い植物です。この葉にはストレスから守るタンパク質やポリフェノールが豊富。紫外線や乾燥などの外部ストレスから肌を守るとされています

ライター鳥山
ライター鳥山

美容皮膚科医が監修している「ヴァントルテ」のボタニカルモイストシリーズや、肌の内側からの美を考える「エイジスト」はこの幹細胞培養液を使っています。

お手ごろだからラインで揃えたい植物幹細胞コスメ2選

お手ごろだからラインで揃えたい植物幹細胞コスメ2選

植物幹細胞コスメは一般的なエイジングケア化粧品とかわらない価格帯なので、ラインで揃えるとよりバランスの良いエイジングケアができます。

多くのメーカーから発売されていますが、特におすすめできるのはこの2つ!

AGEST(エイジスト)

エイジスト

エイジストは「キレイを終わらせない」ブランドです。肌本来の力を見直し、体の内側から美しくなることを考えて開発しています。

エイジングができるスキンケアシリーズにはすべて植物幹細胞培養エキスを配合しており、トータルな大人の肌悩みのケアができます。

納得できるまで試作と改良を繰り返し、モニターテストを実施している実力派。

ステムエッセンス(美容液)

ステムローション(化粧水)

6,480円(税込)

ステムクリーム(クリーム)

8,640円(税込)

ボタニカルモイストシリーズ

ミネラルファンデでおなじみのヴァントルテは、日本生まれの国内製造ブランド

幹細胞コスメは植物のみずみずしさを活かし、美容皮膚科医監修のもとで開発されています。

肌へのやさしさにもこだわってパラベンや着色料・香料などの9つの無添加処方なのもゆらぎやすい大人の肌にはうれしいところ。

ボタニカルモイストローション(化粧水)

4,104円(税込)

ボタニカルモイストクレンジングミルク(クレンジング)

3,564円(税込)

ボタニカルモイストウォッシュ(洗顔フォーム)

3,024円(税込)

ボタニカルモイストセラム(美容液)

5,184円(税込)

ボタニカルモイストクリーム

4,536円(税込)

トライアル(5種類5日間分)

2,052円(税込)

植物幹細胞コスメで本来の美肌を取り戻そう!

植物幹細胞コスメで本来の美肌を取り戻そう!

雑誌やテレビで話題になっている植物幹細胞コスメは、今までのエイジングケアとは違う、もっとも新しい美容法。

年齢肌に多い乾燥やハリをケアして本来の美肌に限りなく近づけるとの期待から、美容業界でも関心が高まってきています。

「これってどうなの?」「使ってみたいけど……」と気になりつつもためらっていた人も多いのではないでしょうか?

初めての人は、コスパが良い植物幹細胞コスメなら試しやすいですよ。

とくにヴァントルテの「ボタニカルモイストシリーズ」はトライアルもあるので、気軽に始められます。

あなたの肌が欲しがっているものは何ですか?その答えは、植物幹細胞コスメのなかに隠されているかもしれません。

幹細胞コスメにはトライアルセットやお試し価格が設定された商品もたくさんあります!詳しくはこちらの記事で詳しく書いています。